転職活動をはじめた時のアクション

転職

こんにちは、喜至です。

皆さん転職を考えた事はあるでしょうか?
 

私はほぼ毎日、考えていました 笑

 

私は中小企業のメーカーで研究開発職を8年やりました。
 
私と同じようなキャリアを進みそうな学生やすでに踏み込んでいる若者に対して、リアルな経験と転職に至るまでのステップをお伝えしていきたいと思います。
 
今回は私が転職を決めた際に行った行動をお伝えします。
 

【①ハローワークの求人情報閲覧】

これは転職を決める前からやってましたね。

 
実際に転職する気がなくても見てるだけで、
 
「世の中にはこんなに仕事があるなら飢えて死ぬことはなさそうだな・・・」っていう気持ちになって、仕事がうまくいかないプレッシャーから現実逃避してました
 
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
 
ハローワークに載ってる求人なんてブラックばかりだろうと思ってましたが、
 
ふつーに大手企業やホワイトと名高い企業の求人も載ってて意外に感じました。
 
気になる求人を見つけたら実際に最寄りのハローワークに行って紹介状をもらい、
履歴書や職務経歴書を企業に送付すればかんたんに応募できます。
 
実際に何件か応募しました。
 
不明な点があればハローワークの職員の方に相談すればその場で企業の担当者さんに確認してくれました(フットワーク軽いな、ハローワーク!)
 
職務経歴書や履歴書の書き方も相談できますし、行ってみて損はないかと思います。
 

【②転職サイトに登録】

これも定番のアクションですよね。

 
私は「リクナビNEXT」に登録しました。
 
 
登録すれば企業から直接面接のオファーが来たり、転職エージェントからお誘いがきたりします。
 
企業の直接オファーと転職エージェントのオファーを一つの窓口で管理できるのは楽でしたね。
 

【③転職エージェントの利用】

リクナビNEXTからオファーが来たエージェントを利用しました。

 
全国区リクルートをやっている会社もあれば、地元のみで活動している会社もありました。
 
・大手エージェントの特徴
リクルートエージェントやリクルートキャリアのような大手エージェントでは大手企業とのパイプが強い印象がありました。
 
やり取りはメールと電話で行っていました。面談での打ち合わせとかはまったくなかったです。
忙しくて面談とかが面倒な人にはいいかもしれません。
 
ただ、私の住んでいるド田舎の県ですと、大手企業自体が少なく、求人の弾が少ないように感じました。
 
あと、担当者さんにもよるでしょうが、とにかく数を打ちましょう!みたいなスタンスが私には合いませんでした。
 
・地元密着型エージェント
私が利用したのは転職のブログなどでは全く聞いたことがない小さい会社です。
 
ですが、大手エージェントよりも弾数が多く(中小が多いですが)、実際に担当者が企業の人事担当者とお話をしているようで獲得している情報量が多かったです。
 
また、エージェントと直接面談できたため、自分の転職のきっかけから転職に求めるものをじっくりと話すことができました。
 
いざ応募をすると、企業の人事担当者の性格や企業が好む人物像、力をいれている事業など事細かな対策レポートをいただきました。
 
これは企業研究をする手間が省けて本当に助かりました。
 
 
 
大手と地元密着型エージェントを比較してみた結果、私は地元密着型のエージェントのほうがサポートが充実していて安心感がありました。実際に転職は地元密着型のエージェントさんの紹介とサポートで応募した企業に決まりました。
 
参考になりましたでしょうか?
 
転職を少しでも考えているなら、とりあえず転職サイトに登録しておけばいろんなオファーがきますし、自分の市場価値を確かめる事ができますからおすすめですよ!
 
 
転職の結果はこちらの記事を

コメント

タイトルとURLをコピーしました