2021年 特許情報の株式投資への活用方法まとめ

ファンダメンタル分析

※注意※~この記事は作成途中の記事になります~ 

こんにちは喜至(きし)です。2020年7月あたりから本格的に個別株への投資をはじめると同時に、「特許情報を株式投資に活用できないか?」を独自に研究し始めました。約1年という節目にここまでの知見をまとめてみたいと思います。

バリュー株投資に活用するパターン

 まずは銘柄の本質的価値に注目して、株価とのギャップからキャピタルゲインを得る「バリュー株投資」からお話しします。今のところ私の中で最もしっくりくる投資方法であり、特許情報の活用と相性がよく、今後も活用余地が広がりそうな方法です。投資までのステップを一覧でまとめてみました。

①業界選定・分析

 まずはじめに、投資する業界の選定と分析を行います。今年は下記記事のようにロボット業界を選定し、分析を行いました。

 業界の選定では金融機関の経済・産業レポートに目を通して今後、需要が成長していくであろう業界とその要因を確認します。業界を選定したら各種業界レポートを読み込み、業界構造や成長要因・課題を洗い出します。この要因や課題がこの後のマクロ分析で特許情報分析を行う時のキーワードになります。このステップでは特に特許情報を用いた分析を行ったことはないのですが、特許情報から投資する業界・産業を見定める観点があるのではないかと思っています。これは後の課題ですね。

~作成中~

②マクロ分析

③銘柄分析

④購入タイミング、⑤売却タイミング

カタリストとして活用するパターン

株価上昇カタリストとしての可能性

株価下落カタリストとしての可能性

今後の取り組み

コメント

タイトルとURLをコピーしました